憧れの的、ハイクラス住宅|マイホームをデザインするなら注文住宅にしましょう

マイホームをデザインするなら注文住宅にしましょう

憧れの的、ハイクラス住宅

積み木の家

気になる住人の傾向

高級住宅は、そのグレードの高さから、価格もそれにふさわしいものとなっています。中には数億円に及ぶものもあり、リッチでハイクラスな住人のステータスの象徴とも言えるでしょう。高級住宅を建てる主な層は、企業や病院の経営者、政治家、士業、各界で活躍する著名人など高年収の人です。こうした人たちは、高級住宅の建設費のみならず、その後一般的な住宅と比較して多くかかる、固定資産税や各種維持費なども問題なく払うことができます。年齢的には、四十代以降の層が多くなっています。預貯金も潤沢で、リタイアした後豊かな生活を送るために、土地を買って高級住宅を建てる人も少なくありません。また、自宅から離れた場所にオフを楽しむ別荘として、高級住宅を持つケースもあります。

ハイグレードで快適、便利

高級住宅が富裕層に人気の理由は、その豪華さにあります。広い敷地に建てられることが多く、間取りにもゆとりが生まれます。高級感あふれる空間で、リラックスして過ごすことができるため、生活の質を大変高いものにできるのです。また、トイレや浴室が複数各階に設置されている、などといった利便性の高さも見逃せません。断熱性の高い素材を使い、全館空調で効率よく常に適温に保たれているなど、快適さが重視されていることも大きな特徴です。安全面でも、多くの工夫がされています。特に心配される地震に対しては、従来の耐震施工の他、免震や制震のシステムを導入している高級住宅もあります。大きな災害に対しても強く、安心して暮らせる環境となっていることが強みと言えるでしょう。